飛び石による傷の修理やリペアは車両保険で補償されるの?飛び石の原因は?

  • 2020年9月11日
  • 2021年8月23日
  • 未分類

走行中、「カチッ」と音がして、見てみるとフロントガラスやボデーに傷が付いていたっていうことはありませんか。

意外と、そういった方が多いです。

飛び石でフロントガラスやボデーの傷が付いたからといって、自分の責任で傷つけたわけでないのに自分で修理しなければいけないのも疑問です。

ただ、フロントガラスなどの傷は車検にも影響があることがあるため、そのまま放置しておくわけにはいきません。

ガラスにひび割れがあった場合には車検を通すことが出来なくなります。

今回は、飛び石による傷の修理やリペアなどを車両保険で補償されるのかをご紹介していきたいと思います。

飛び石の原因は?

飛び石とは、前から飛んできた小石が自分の車のフロントガラスやボデーにあたることをいいます。

飛び石の原因としては、道路上に落ちている小石を車のタイヤで巻き上げてしまい、
それが、後続の車や対向車に当たることで、傷やへこみを付けることを言います

例えば飛び石の原因として、前を走っている車のタイヤに挟まっていた小石や、
地面に落ちていた小石が跳ね上がって後ろを走っていた自分の車のフロントガラスやドアに当たり、割れや傷が付きます。

飛び石は砂利が落ちている道路やダンプやトラックの後ろで起こりやすいと言われており、特に高速道路ではスピードも出ており、
かなりのスピードで飛び石が飛んでくるのでガラスが割れたり、大きな傷となることが多いので注意が必要です。

飛び石の責任はだれにある?飛び石の原因の車に修理代を請求できる?

飛び石は自分の過失ではなく、他の車が原因で飛んでくるものなので、
自分で修理代を負担するのはおかしいと思う方もいるかもしれません。

飛び石の原因となった車を運転していた人が修理代を払う責任があるのではないか。

損害賠償請求することはできないかと思うのが普通の感情かと思います。

 

ですが、飛び石は一瞬のこととなり、飛び石の原因となった車を特定することが困難であることや、相手の過失を立証することが相当難しいです。

最近ではドライブレコーダーなどにより、相手を特定することが出来るかもしれませんが、相手も納得して認めることも(認識がない)難しいです。

また、相手に責任を求めても、こちらの車間距離が短かったと言われてしまえば、こちらの責任となる場合もあります。

結果的には飛び石の原因は自己責任ということになってしまいます。

飛び石の被害に遭わないためには車間距離をある程度取ることで回避できる場合も多いのでぜひ、車間距離を取って走りましょう。

飛び石によるフロントガラスの修理(リペア)か交換か

飛び石により、フロントガラスや、ボデー(車体)に傷や亀裂が入ってしまった場合、ボデー(車体)の場合であれば、
気にしなければ、そのままにしておいても問題ありませんが、フロントガラスの場合は放置することは危険です。

 

フロントガラスの場合、小さい傷や亀裂だから大丈夫だと思っているとだんだんと傷や亀裂が拡大してきてしまいます。

飛び石の傷が拡大してしまったら、修理(リペア)することが難しくなってしまうため交換することになってしまいます。

 

飛び石でフロントガラスに傷や亀裂があった場合はできるだけ早めに修理(リペア)を行ってください。

 

自分直すのであれば、オートバックスなどの自動車用品店でガラス用の補修材(リペアキット)が数千円で売られていますが、
自分で修理する場合には、リペアキットの取扱いが難しいため、キレイにできない場合があります。

自信が無いようであれば、最初からプロに任せた方がいいです。小さなガラスの傷(1.5cmまで位)であればリペアで1万円前後で修理することが可能です。

 

フロントガラスの亀裂が広がって大きくなってしまった場合には、車検に通らなくなってしまいます。

この状態で走行を続けて、警察に捕まると、整備不良等で違反点数と罰金がとられてしまうので注意が必要です。

 

このため、オートバックスや修理工場やディーラーではフロントガラスの交換することを薦められる可能性が高いです。

フロントガラスの交換を行う場合には、車種により、費用の差はありますが、おおよそ、リペア品や社外品などでも、
5万円以上で、純正品だと10万円以上かかることもあります。

最近では、ドライブレコーダーや自動運転用のカメラやセンサーがフロントガラスに取り付けられているため、かなり高額になることもあります。

また、外国車などでは輸送費などもあり、かなり費用がかさんでしまう傾向があるので注意が必要です。

自動車保険(車両保険)で修理代を補償することは可能なのか

それでは、本題になりますが、飛び石によるフロントガラスやボデー(車体)の傷、亀裂は自動車保険(車両保険)で補償することは可能なのかについて説明します。

結果から伝えると自動車保険(車両保険)で修理代を補償することは可能です。

しかし、車両保険を使用した方がいいのかという所です。

実は車両保険を使用するにしても、免責を支払わなければならいプランなどがあります。

その場合には免責で0万、5万や10万が一般的ですが、自己責任で支払わなければなりません。

フロントガラス交換では、費用から免責額を引いた額を保険会社が負担することになります。

 

さらに翌年の保険の等級が1段階下がってしまいます。

そのため、翌年の保険料が値上がりしてしまいます。

保険料の値上がりについては自分の現在の等級により変わりますので、詳しくは保険会社に連絡して確認してください。

とりあえず、保険会社には飛び石の件は伝えて、車両保険を使用するかしないかは後の判断でも大丈夫です。

車両保険を使用しない場合には翌年の等級が下がるのはなくなります。

 

フロントガラスの交換や修理(リペア)で車両保険はほとんどの場合は使用しない方がいいことが多いです。

最終的には金額によりますが、免責金額が5万円以上かかるのであれば、車両保険をしない方が安く済む場合があります。

フロントガラスの修理代 > 免責+値上がり保険料

となる場合であれば車両保険を使用した方がいいと言えます。

フロントガラスの修理代 < 免責+値上がり保険料

となる場合であれば車両保険を使用しない方がいいです。

ちなみに、車両保険でもタイプによって補償対象外となる場合もありますので、詳しくは保険会社と相談して決めていただいた方が確実です。

以上参考になれば幸いです。

飛び石でフロントロントガラスに傷,亀裂ができた場合に絶対にしてはいけないこと

飛び石でフロントロントガラスに傷,亀裂ができた場合に絶対にしてはいけないこと

最新情報をチェックしよう!